潤滑ゼリー 使い方

性交痛の悩みを解消する潤滑ゼリー

あまり大声では言えない話ですが、ここだけの話、女性の中でセックスの際に性交痛、つまり、挿入の際に痛みを感じる人がかなりいるだそうです。
その性交の痛みの原因は、膣から出る分泌液(愛液)の量が少なくうるおいが足りないことにあります。
そんな女性の痛みと悩みを解消してくれるのが、潤滑用ゼリーです。潤滑ゼリーは、女性の膣のうるおい分不足を補い、ペニスの挿入による痛みを和らげるだけではなく、ゼリー内の成分によって女性自身をオーガズムに誘い、セックスの満足感を達成させるために作られています。
もちろん、肌や粘膜にやさしくできており、安心して使うことが出来ます。なかにはヒアルロン酸やコラーゲンをを配合してる潤滑ゼリーもあり、むしろ肌にはよい効果が期待されます。

 

かつては女性用潤滑ゼリーを使うことに抵抗を感じる女性もいましたが、性生活の充実がオープンになってきた流れから、女性用潤滑ゼリーを使うことに抵抗を感じる女性が少なくなってきたといえます。
うるおいが不足している高齢者だけでなく、不感症な女性や性交の痛みに悩む女性にも愛用されています。

潤滑ゼリーの使い方

使い方は、行為の前に手・指を清潔にして、少量の潤滑ゼリーを女性の陰部に塗っていくというのがメインです。
なかには注射器を使うなどの、指を局部へ入れずに潤滑ゼリーを注入するタイプもありますので抵抗のあるひとはこちらをオススメします。
行為の途中も数回繰り返し使用することも可能です。なお、コンドームに塗ればコンドームの違和感が少なくなり、潤滑に挿入が可能になります。
一回潤滑ゼリーを塗るとゼリー内の成分によってじんわりと膣部が温かくなり、分泌液の分泌を活発化していき、ペニスの挿入をしやすくするだけではなく、やがて女性自身をオーガズムへと誘導してくれます。

 

使用後は、水で容易に洗い流せることができますが、膣内に残っても腟の自浄作用がありますので心配はありません。なお、避妊効果はありませんのでそのあたりは十分に注意してください。

 

潤滑ゼリーをお考えの貴女へ
デリケートゾーンのケアとしても使える
婦人科医と共同開発の体に優しい天然成分潤滑ゼリーがおすすめです!